学校に行きたくない人へ・・甘えることを恥ずかしがらないで! – わかぶろぐ

学校に行きたくない人へ・・甘えることを恥ずかしがらないで!

社会
0

「はー。明日から学校行かないと・・。」

「行きたくないなぁ。明日から地獄だよ・・。」

そんな事を思ってるあなた。

本当に大変で「死にたい!」と思うくらいなら、学校サボって公園に行ってもいいんだよ!

あなたが高校生だろうと中学生だろうと小学生だろうと、どんな家庭だろうと、自分だけじゃどうにもならないことは誰にでもあります。

そんな時、人はみんな助けをもとめます。

両親・・・友達・・・ネット・・・警察・・・相談所・・・。

生きるためにどうしようもない時は誰かに甘えます。

でも、それに当てはまらない人がいることもあります。

それが、あなたのような人・・・。

 

両親に叱られるのが気になりますか?

助けを求めた事を、その後責められるのが気になりますか?

誰かに告白する事が恥ずかしいですか?

誰も信じられませんか?

 

だけど、世の中には必ずあなたに手を差し伸べてくれる人たちがいます。

あなたはまだその人に出会っていないだけ・・・。

 

「勇気」

この言葉は「いさましく何かに立ち向かう気持ち」を表しますが、これはどんな方向にも向けていい言葉なんです。

相手に直接立ち向かう勇気。

誰かに打ち明ける勇気。

逃げる勇気。

そして、甘える勇気。

どの勇気を使っても、あなたの将来がずっと続くのならそれは「いさましく何かに立ち向かう気持ち」なんです。

恥ずかしがる必要はなくて、ましてひけめを感じることもありません。

どうぞ、何も気にすることなく周囲のあなたが少しでも信じたい人に「勇気」を使ってください!

 

世間には2種類の人がいると思います。

「対価がないと助けない人」と「無償で人を助けられる人」。

普通の家族なら両親は無償であなたの幸福を考えてくれます。

もし、あなたが今両親に叱られると思っている、実際に両親に叱られた、というのならば、その理由はあなたが弱いからではありません。

「体裁(ていさい)」

この言葉をあなたは聞いた事がありますか?

「人から見られた時にうつる自分の姿」

という意味の言葉です。

「体裁が悪い」という言い方をよくしますが、両親はあなたに突然告白されておどろくあまりに、反射的にまず自分の姿を気にしてしまうんです。

たとえば

「会社で変なウワサが立たないだろうか?」

とか

「オレが(わたしが)育てた子にかぎってそんな事になるはずがない!」

とかの気持ちが優先してしまうんです。

これまで優しく育ててくれた両親なら、それは決してあなたが嫌いな訳ではないんです。

どっちかと言うと、うれしいはずです。

ただ、ちょっと人間という動物の本能で自分を守ることが出てしまっただけのことです。

もう一度、勇気を持って打ち明けてみてください!

「生きたい!」という思いを詰め込みながら・・・。

 

現代社会ではわが子をペットのように考え、心無い行為をする人がいます。

あなたの両親がもしそうなら、あなたが両親はそういう人だと感じるなら、あなたは両親には相談しないほうがいいでしょう。

なぜなら、その事を告げた事で両親はその事を理由に堂々とあなたを攻撃する理由ができあがるからです。

そんなあなたには18歳の人まで相談にのってくれる「24時間こどもSOSダイヤル」というところがあります。

電話で気軽に相談できるところです。

「24時間こどもSOSダイヤル」・・0120-0-78310 かスマホで繋がらないなら (0466)ー81ー8111 です。

あなたの住む町でウワサが広まることが気になるなら、こちらに連絡して相談のときに事情を言っておくとわかってくれると思います。

ぜひこちらに電話をする勇気を持ってください。

 

あなたは「ただの1人の人間」ではありません!

少なくとも、わたしのような大人にとっては、あなたは「この国の未来」です。

将来、あなたも国にとって重要な人物になるはずです。

あなたがいま1人で苦しむ事などあってはなりません。

あなたが苦しんで勉強をするより、今は勉強よりも「楽しいと思える時間」を見つけることの方が大切です。

どうか、甘えてください!

誰かに助けを求める勇気を持ってください!

生きることを求める勇気を持ってください!

いろんなところに何度でも諦めずに助けを求めてください!

あなたはこれからもずっと「1人の大切な国民」なのです。

必ず、どこかにあなたを受け入れてくれる人がいます。

その事を忘れないで!

甘える事を恥ずかしがらないで!

絶対に諦めないで!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。