母親が3歳女児を虐待で5歳長男が窮状を近隣に訴える。なぜメディアは5歳児の経緯まで報道した? – わかぶろぐ

母親が3歳女児を虐待で5歳長男が窮状を近隣に訴える。なぜメディアは5歳児の経緯まで報道した?

ニュースを観て・・
0

本当なのか?母親の供述・・・。

こんにちは。

また痛ましい虐待報道がされていました。

妹が怪我をしていると兄が近隣に助けを求めたというのです。

5歳児が妹の窮状を訴える。虐待なのか?

まずは事件のあらましを軽く挙げて行きます。

事件のあらまし

虐待かどうかを考える上で、これから説明する点で不審なことが全くなければ恐らく問題はないのでしょうが・・・。

何か不審な点があれば虐待の可能性がある可能性が出てきます。

自分なりに検証する上で必要な部分をまとめて行きます。

「妹の皮が剥けてる」と近隣住民に

5歳の子供が近隣の大人に助けを求めました。

「妹が怪我をして皮が剥けてる。」

というのです。

5歳の子供が親以外の大人に助けを求めるなんて尋常のことではありません。

普通は両親をまず頼るはずですから・・・。

大家も合流し話を聞く

長男に手を引かれ長男の自宅に着いた住民は、とりあえず長男が家に入った事を確認するとその場を離れ大家に相談します。

その後、大家も合流し長男に話を聞きました。

室内を確認できないか?と聞くと長男は「大丈夫。」と言い断ったとの事。

大家も不審に思ったのか、警察に連絡をしていました。

警察が3歳女児を確認

のちに訪れた警察がラップを患部に巻かれた3歳女児の姿を確認しました。

女児は布団の上に横たわっていたと報道されています。

そのまま病院に搬送され診断を受けた結果、女児は全治3ヶ月以上の重症だったという事です。

やけどの原因は「シャワーの際に誤って・・。」

母親への聴取によると・・・。

やけどに至った原因は・・・

シャワーを浴びせていた際に誤って熱湯を浴びせてしまった。

という事のようです。

ラップで巻いた理由

3歳女児の患部をラップで巻いていた理由は何なのでしょう?

この事については以下のように説明しているとの事です。

ラップを巻いたのは、ネットで検索して出てきた方法だった。

と答えているようです。

まあ、最近ネットではこうした方法も出てます。

私のこのブログでもデータが消えた記事で紹介した事があるので覚えています。

確か体表の10%未満の面積のI度程度の軽い火傷なら効果があるというものでした。

私が不審に思う点

つづいて、これまでのあらましの中で不審な点があります。

それらについて考えてみたいと思います。

自分の子が火傷して自宅治療?

この記事を万が一にでもここまで母親の方が見てくれていたとして、あなたのお子さんがもし自宅で火傷をして皮が剥けるほどの重症であった場合、あなたは自宅で治そうと考えるでしょうか?

私なら熱くて痛くて泣き叫ぶ子をすぐに病院に連れて行くと思います。

冷静にインターネットで病院の検索ではなく、自宅での治療を目的とした検索をしますか?

私は、この母親の行動(供述内容)に対して尋常ではない不信感を覚えます。

母親は最初から周囲に情報が漏れないようにしていた可能性が高いと思います。

ネットで検索しても「やけど」ではラップ治療は出ない!

先ほど私もラップ治療は記事にしたと記載しました。

ブログを運営する上で重要な事は「キーワードの選択」です。

そこで先ほどの供述の矛盾にピンときました。

母親が検索したラップ治療ですが・・・。

ラップ治療を最初から知っている人しか検索しても出てこないんです!

母親は最初からラップと検索をかけていた可能性はないのでしょうか?

この事件後からは報道によって「ラップ」キーワードが急上昇していて、現在は「やけど」で検索すると「関連ワード」に表示されるようになりました。

5歳長男も危ない!なぜメディアは報道したのか?

両親は果たして虐待をしていたのでしょうか?

不審な点はありますが、実際に完全に怪しいと思う部分は報道の範囲では見つけられません。

しかしながら、両親はやけどで苦しむ子供を置いて、仕事ではなくパチンコに言っていたという情報もあります。

何が真実で、何が嘘なのか・・・?

何が故意で、何が不可抗力だったのか?

しかし、一つだけわかっている事があります・・・。

これからは3歳女児だけでなく、報道によって「長男がチクった」と知られた以上、5歳長男の身にも危険が及ぶ可能性があるという事です。

児相や市や県は注視する程度の対応では効かなくなった事を認識しているでしょうか?

なぜ5歳児の事まで報道した?

ハッキリ言うと・・・。

私は5歳児のことは報道するべきではなかったのではないかと思っています。

真実を伝えるのが報道の在り方かもしれない・・・。

しかし報道により恨みを買う対象は、まだその身ひとつも自分の力では守れない「たった5歳の子供」なのです。

しかもその恨みを抱くのは「頼るべき親」なのです。

兄弟はこれから親を頼って、親はそれに答え「チクった息子」を大事に育てるでしょうか?

メディアはその事についても責任を持ってケアしていかなければならないのではないかと思います。

最後に

この事件で問題となるのは「虐待はあったのか?」とか「5歳の子が助けを・・。」とかではありません。

「事件によって今後の2人の子供の生活はどうなるのか?」と言う事だと私は思います。

児相は保護した後にどうするつもりなのか?

注意して返してしまえば、これまで以上の事が予想されます。

さて、この報道により、今後法律の枠内で出来る事はあるのか・・・?

全てが不用意で安易で不可解なニュースだったように思います。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。